Diamond

ミヤコヤのダイヤモンド

人にも個性があるように、ダイヤモンドにも「4つのC」があります。

永遠の輝き、ミヤコヤのダイヤモンドは確かな品質です。
4つの評価基準の頭文字をとって4Cと呼ばれ、評価の総点数によりダイヤモンドの価値と価格が決まります。

カラット

カラットはダイヤモンドの大きさをあらわし、
1カラット(ct)は0.200gで、一般的にカラット数が大きければ大きいほど希少であり価値があります。

ダイヤモンドのカラットの表

エンゲージリングで実際に選ばれているのは0.25ct~0.5ct。
指輪として身につけるのですから、お似合いになることが一番大切です。
指やリングとのバランスを見たとき、美しいと感じるものこそあなたにふさわしいと言えるでしょう。

カラー

ひとつだけを光に透かしてもわからないほどですが、ダイヤモンドには完全な無色から薄い黄色まで自然の色がついています。無色に近いほど光をスムーズに透過させ虹色に輝き、希少価値があります。熟練した専門家が基準となる石(マスターストーン)を使い理想的な明かりの下で検査し、黄色みの度合いによりグレードが決定されます。

ダイヤモンドのカラーの表

カラーグレードの違いは驚くほど微妙です。Gカラー以上であれば肉眼で色付きを判別するのは困難ですし、ダイヤモンドの輝きには全くと言って良いほど影響を与えません。
ただ、エンゲージの意味にこだわるなら、希少で一番きれいな色「無色」は魅力的です。

クラリティ

クラリティは透明度をあらわし、一見、同じように見えるダイヤモンドもそれぞれ個性があります。
内包物などの内部の特徴(inclusion:インクルージョン※1)と、外部の特徴(blemish:ブレミッシュ※2)があり、それらの数、大きさ、性質、色、場所などによりクラリティのグレードが決められ、少ないほどグレードが高く希少で、透明度があり、美しい輝きを放つとされています。

※1:インクルージョン/鉱物結晶、割れ(フェザー)、結晶構造中のひずみの跡など
※2:ブレミッシュ/カッティングの行程で残された原石結晶表面のスリ傷や磨耗の痕跡など

インクルージョン用には暗視野証明、ブレミッシュ用には反射光、その他拡散水平光など、それぞれに効果的な証明下で、訓練を受けたグレーダーが10倍ルーペで検査します。

ダイヤモンドのクラリティの表

ダイヤモンドの内包物は言ってみれば、天然であることの証であり、個々の指紋のようなものです。
VS2以上であれば、肉眼で内包物発見は非常に困難で、輝きへの影響も全くと言って良いほどありません。
クラリティのランクは一番「目に見えない部分」であり、一番「価格を左右」します。

カット

カットはダイヤモンドの全体的な形のバランスと研磨仕上げの状態のこと。
カラー、カラット、クラリティは自然が決定するのに対し、ダイヤモンドに永遠の輝きという命を吹き込むのは熟練したカット職人の技。バランスよくカットされたダイヤモンドは光をよく取り込み、きらめきを増幅させ、限りなく価値を高めます。

カットグレードはプロポーション要素と目視評価要素でExcellent,VeryGood ,Good, Fair,Poorの各グレードに決定されます。Excellentが最上級で、それ以上の評価はありませんが「仕上げ」においてポリッシュ(研磨状態)とシンメトリー(対称性)の2項目の評価が付加され、カットと同じく5等級で評価されます。

ダイヤモンドのカットの表

3Excellent H&C

3Excellent(トリプルエクセレント)とはカットグレードの他に、ポリッシュ、シンメトリーの3項目全てがExcellent評価の非常に希少性の高いダイヤモンドです。
さらに、優れたカットのダイヤモンドに見られるH&C(ハート&キューピット)が認められるものは
3Excellent H&Cとされ、3Excellent評価のダイヤモンドのほとんどに見られます。

左:テーブル側(上側)から見た時のキューピットの矢
右:パビリオン側(下側)から見た時のハート
このふたつの模様が美しく現れるダイヤモンドが
H&C(ハート&キューピット)と言われる。

カットは4Cの中で唯一、人の手による加工の評価です。芸術的とも言える熟練の技が、ダイヤモンドの美しさ「輝き」を左右するのです。いくら綺麗な素材を用意してもカットが悪ければただの硬い石なのです。
カットはExcellentを、さらにはH&Cをおすすめします。

気になるリングや、ミヤコヤで取り扱っているブランドや時計等、
もっと詳しく知りたい!と言うお客様は、お気軽にご連絡ください。

営業時間
10時〜19時
定休日
毎週水曜

ミヤコヤの真心こめたお付合い